自覚のある資産運用を行う人は少ない

資産運用というのは、日本人にどうしてもかけている考えかたではないでしょうか?実際、自分は資産運用を行っています、という人がどのくらいいるのか、ということです。ただ、実際には全く資産運用をしていない人の方が多いかというとそういうわけではありません。というのも、効果は薄く、そのために自覚はないものの、いちおう資産運用を行っている人が日本人としては大勢ではないか、ということです。

というのも、銀行預金と積立保険というのがいわゆる資産運用の一種であることがその意味となります。これらが資産運用だと言われると、確かに自分もしている、という人が多いでしょう。しかし、前述の通りこれらは資産運用の効果としては極めて薄いものであり、効果的な方法だとは到底言えません。自覚して、資産運用を行っている人はかなり少なくなるでしょう。

その手段にはいくつか考えられますが、株式に対する積立投資や、投資信託への投資、あるいは確定拠出年金というのは一種の資産運用だと考えて良いでしょう。これらは運用効果が高いために、ためていくだけではなく、お金を増やしていくという能力を持っているためです。これらを利用しているなら、そういう意識があることでしょう。

確定拠出年金のメリット

公的年金が減らされ、受給年齢が上がりつつける日本では、老後の生活に不安を感じるようになったといってよいでしょう。老後は年金を頼りにする人はたくさんいます。年金が十分でないと生活にゆとりが持てず、困るようになるといった人が多くなります。そこで、公的年金への不安は、将来の不安となっているといってよいでしょう。

日本では、このような問題から回避するために、公的年金を補えるような年金制度改革を行なっています。確定拠出年金は、公的年金の不安を解消する手段として採用され、ほとんどの企業は、企業型の確定拠出年金を導入しています。

この制度では、企業が積立金を負担して毎月積立てるもので、資産を運用することによって、将来受け取る年金額に余裕をもつことができるとされています。従業員は負担することなく、将来受け取れる年金を増やすことができるので、このような年金制度の導入は企業に働く人にとってはメリットのあるものとされています。

さらに、この制度では、今までの企業年金などとは異なり、転職しても転職先に移行することができます。これが、転職への自由度を上げてくれることになるため、転職においても将来の安心を失うことがありません。

おすすめコンテンツをご紹介します。
損しない確定拠出年金の選び方はこちらでご確認を!

複利について学ぶ機会というのは非常に少ない

複利というのは日常生活で非常に多くある存在ではありますが、この複利について学ぶという機会は実はほとんどないと言えるでしょう。

経済などに関わっていく仕事をする人であれば学んでいける場合はあるかもしれませんが、経済とはあまり関係ない仕事をする人にとってみればあまり学んでいくことはできないと言えます。
しかし、しっかりと知っておかないといけない知識などであり、銀行などにおいて大きく関わっていくこともあると言えます。
当然投資をしていく場合には勉強をしていくことが必要になることも多くあり、複利について関心を持っておくことが大切になるケースも少なくありません。

特に複利を利用した投資をしていくとなると、複利のシステム、仕組みをしることができないと、複利による投資のメリットを理解することができなくなってしまうでしょう。明確に知っておけば知っておくほど、投資のメリットが大きくなることもあり、簡単に知っておくだけでもそれなりにメリットはあることになります。

複利についてしっかりと知りたい人は、それ専門の書籍などで勉強していくと良いでしょう。一度理解をしてしまえば、そこから苦労をしてしまうことはあまりないでしょう。

以下のブログも読むと理解が深まります。
「投資は複利を制することから始まる」http://www.faslaneg8.com/

複利で資産を増やすための2つのポイント

複利で資産を増やそうとした場合、2つのポイントが増え方を大きく左右させます。1つは「利率」、もう1つは「時間」です。

当然ですが、利率は高ければ高いほど有利に増えます。高い利息はそれ以降の利息もさらに高い利息を生み出してくれます。
たとえば複利で運用するものとして、定期預金があります。定期預金の金利が0.03%だとしたら100万円預けても300円しか得られませんので、これではATMの手数料を支払ったらほとんどなくなります。
しかし、比較的利回りの良い投資信託で年間の利回りが5%だとしたら100万円預けた時に105万円になります。すると翌年は105万円に対して52,500円の利息が得られますので、さらにそれが元金に組み込まれ110万2,500円を再投資の資金とし、どんどん資産を増やし続けることができます。

しかし、このようにして資産が増える仕組みがあったとしても、たったの2年間の運用であれば10万円増えて終わりです。目的によってそれで良い、という方もいると思いますが、資産を増やすことを目的としたら物足りないでしょう。

そこで時間です。複利は元金を雪だるま式に増やす方法ですので、時間が経つほどぐんと有利になります。

確定拠出年金のシステムとメリット

日本版401kが導入されてから、まだそれほどの時間が経っていません。そのため、あまり知らないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、この日本版401kというのがどういったものなのかを簡単に紹介していきます。日本版401というのはいわゆる確定拠出年金です。

確定拠出年金と言われても、こちらもこちらでピンとこない人が多いことでしょう。恐らく多くの人が年金ということ公的年金である国民年金・厚生年金・共済年金のをことだと考えると思います。確かに公的なものというとこういったものということになりますが、国内だけでも多くの個人年金・私的年金というものが存在しており、利用している人も少なくありません。

確定拠出年金はその一種であり、公的に行なわれているものではなく、個人ないしは企業で契約を行って利用するタイプの年金保険ということになります。任意であるために利用していない人の方が圧倒的に多いと言えるでしょう。この確定拠出年金に限ったことではありませんが、個人年金というのはあくまでも公的年金とは別に利用するものであるため、これを利用スレは公的年金保険料を支払わなくても良い、というわけではないことには注意して下さい。

三つの年金システムと選択基準

年金には大きく3つの種類があります。公的年金・確定拠出年金・個人年金の三つの種類です。これらはいずれも違った作用を持っているためそれぞれの性質について知っておくことが重要になります。

まず公的年金ですが、この年金は老後のための資金を形成することを目的としていると考えてはいけません。いえ、その効果が全くないというわけではないのですが、それほど強いわけではないのです。元々はそういったことを目的としてスタートした制度ではあったのですが、経済の状況や人口推移などの関係から現在ではその役割を全うすることができなくなってしまいました。あくまでも公的年金は、下の世代が上の世代を支えるためのもの、だと考えると良いでしょう。

次に確定拠出年金というのは、個人年金と公的年金の間にある存在です。この確定拠出年金を利用するためには、前提として公的年金に加入してしっかりと支払っている必要があります。そのため、あくまでも公的年金のセカンダリーとしての効果を期待する年金ということになります。

個人年金というのは企業によって行なわれているものであるため、企業や銘柄によってその品質に違いがあります。自分にあったものを選びやすいというメリットがあります。

年金についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ
豊富な情報量に定評のあるWebメディアです。

安定した資産ができる投資

将来において不安が多くなっている日本では、公的年金は現実的な問題として現れるようになっています。老後の生活に必要とされている公的年金の金額が減り、また将来は年金支給年齢が上昇することから、さらに厳しいものとなっていくことが考えられています。

そのことから、老後の不安を解消するための資金を蓄える必要があるのですが、低金利によって銀行の預金では満足できる生活資金が作れなくなっているといってよいでしょう。そこで、これからの資産形成においては、投資などを行なって資産形成を行なうことが必要とされているのです。

いま新たな資金づくりとして注目されているものに積立投資があります。積立投資は、毎月決めた金額で無理なく投資が行える方法で、安定した資産づくりができる方法として人気が上昇しているようです。

さらに、積立で元金の利子を次の元金に組み入れるといった方法で行なう複利を活用した投資では、利子が増えていくことから、効率的に資産を増やすには最適な方法とされています。複利では、比較的に安定した投資を行ないながらも、将来、大きな資産が作れる方法として期待が高まっています。今後は、資産形成において海外積立投資を活用した投資も行なわれることが考えられています。

老後資金形成は早い内から

皆さんは老後資金の確保について何かしらの準備をしているでしょうか?よく堅実だと言われる日本人ですが、この性質がゆえに少しでもリスクがある資産形成術というものを用いることが出来ない人も多いのではないでしょうか。もし、投資などをして資産運用するのが嫌だというのであれば、老後資金の形成というのはかなり早い段階から行っていく必要があります。

そもそも、老後資金としてはどれぐらいのお金が必要でしょうか?老後には三種類のお金が必要だと言われています。生活費・用心費・娯楽費です。定年を迎えた後、慎ましやかに最低限の生活をしていくのであれば娯楽費は必要ありませんが、せっかく長く働いてきた仕事から解放されたのですから、何かしらの娯楽を持ちたいという人も多いでしょう。(余談ですが、仕事をやめて趣味がない男性は認知症になりやすいという弊害もあります)

これらの3つのお金を足すと、夫婦で月22万円ほどが必要になると言われています。この内何割かは公的年金によって賄われることになりますが、議員年金以外では満額を賄うことは出来ません。
20年生きるとして、1億円近いお金が必要になります。この資金を形成することを考えると、早ければ早いほど有利になるでしょう。

こちらのコンテンツも人気です。
「資産形成のビジョンはしっかり持とう」
ぜひご一緒にお読みください。

ポートフォリオのバランスを考えた資産運用

資産運用と一言に言っても、運用する金融商品によってリスクもリターンも異なります。やみくもに利回りの良い商品を選んでも、利回りの良い商品にこそリスクはつきものです。資産全体を見回し、リスクとリターンのバランスを考えながら投資を行うことが失敗しない資産運用の第一歩です。

資産運用を安定して行うタイプであるローリスク・ローリターン型から、積極的に収益を追求するタイプであるハイリスク・ハイリターン型まで実に様々です。はじめはローリスク・ローリターン型の商品からはじめて、運用のコツをつかみはじめたら徐々にハイリスク・ハイリターン型の商品を取り入れてみるのも良いでしょう。

また、ポートフォリオの中はなるべくリスクやリターンのバランスを考えながら組み込むのが良いです。たとえば株式投資はハイリスク・ハイリターンな投資になりますが、すべての資産を株式投資に費やしてしまった場合に、運用がうまくいかなかったら資産すべて失ってしまうことになります。しかし、株式投資と同時にローリスク・ローリターンの投資信託を組み込むことで株式投資のリスクをカバーすることができますし、逆にローリスクの商品を運用しながら大きなリターンを得るチャンスも残されることになります。